K i K u s a      A r t  d e  F o l k l o r e

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
K i K u s a
A r t  d e  F o l k l o r e
 
" S h i m e k a z a r i "
 
 
 
木 草
 
正 月 を 飾 る  2 0 2 1
 
 

 

古くより、日本のお正月は
「新しい年の神」を祝うために植物を飾り
神さまをお迎えした。
 
新米の稲や野山の植物でつくる正月飾りは
「年神様」が宿る依代となって
旧年の禍いを祓い
新しい年に実りと幸をもたらしてくれる。
 
木草の正月飾りは
日本各地に伝わる正月を迎える形から
美しさを掘り起こし伝承する。
 
その伝承から新しい「祝いのかたち」を創作する。
 
 
 
 
 
_____ 
 

 
PHOTO MOVIE
img20201104211503621397.jpg img20201104210641689018.jpg img20201031213512905318.jpg img20201031205522199815.jpg img20201105163214480497.jpg img20200922212251056458.jpg img20201031205549659952.jpg img20201105215357351352.jpg img20201105162730177316.jpg img20201105174524691295.jpg img20201106151746349113.jpg img20201105174457671115.jpg img20201031212413676537.jpg img20201105171129220708.jpg img20201105164218327614.jpg img20200724203409431952.jpg img20201105215435748737.jpg img20200317204630920463.jpg
 
 
 
p h o t o g r a p h y  b y  f i l m
a l l  p h o t o g r a p h s  b y  s h i n y a  h o r i n o u c h i  ( K i K u s a )
 
P H O T O   M O V I E が動かない場合は少し待ってください
 
 
 

 
 
伊勢の注連縄  いせのしめなわ
伊勢・松阪地方の素朴な扇形の注連飾り
 
 
 
 
おしゃもじ
玄関や台所にしゃもじ形の注連飾り、幸運を掬いとる
 
 
 
 
おやす
生命力と福を招く「神様の食器」、縦に細長い注連飾り
 
 
 
 
お顔隠し  おかおかくし
神様の顔を隠す形、富や福を呼び込む馬の形の注連飾り
 
 
 
 
百稲  ももとし
百本の稲穂で彩る祝いの正月飾り
 
 
 
 
野山の実り  のやまのみのり
野山に生える木や蔓の実、森からの贈りもの
 
 
 
 
 
草花束の護符  くさはなたばのごふ
 邪気を祓う草の花束のお守り飾り
 
 
 
 
 
______
 
 
 
 
稲穂の国
 
 
 
 
古事記によると、日本は「豊葦原の瑞穂の国」とされる。
豊かな葦原のようにみずみずしい稲穂が実る美しい国という意味。
この国の土地や文化は古来より「稲」と深くは結ばれている。
稲には「稲霊」「穀霊」が宿り、生命力を強める霊力があるとも信じられてきた。
 
 
 
__
 
 
手仕事
 
 
 
 
素材の採集・選別・乾燥・制作からお届けまでの全てを作家二人が手掛けている。
田んぼの稲から藁を選び、野から草花を選び、山から蔓実を選び、数多の自然からひとつの正月飾りが生まれる。
「和紙」「印」「折り」「撚り」を使ってひとつひとつ手で包装する。
 
 
 
 
ご注文の受付は終了しました。
 
今年もたくさんのご予約いただき、ありがとうございました。
お届け後のたくさんの喜びの声をいただき、無事に皆さまにお届けできたことにホッと胸を撫でおろしております。
 
予想以上のご希望をいただき、早期終了させていただきましたので、ご希望にお応えできなかった方には大変申し訳ないところです。
また来年に向けて良いものを提案できるように準備をしていきたいです。
 
 
_
 
 
この世界では人の力の及ばないことがたくさんある。
だから何かに助けてもらう、何かのよりどころを見つける、その「何か」は古来から神仏だった。
人が謙虚になって、人以外のその「何か」の力に頼る信仰の姿は本来美しいものだと思う。
居を清め、正月飾りを飾り、手を合わせる、その行為は日本人にとってこれからもかけがえのないものであり続けてほしい。
 
 
 
___
 
KiKusaのカレンダーも同時注文いただけます。
   ↓   ↓
 
 
「正月を飾る」の制作過程などを綴ったnews letterを発信しております。
下のリンクのインスタグラムをフォローしてください。
   ↓   ↓
 
 
 _