K i K u s a      A r t  d e  B o t a n i q u e

  
N E X T  2 0 2 4  K i K u s a
 
 
 
K i K u s a
P e r m a n e n t  A g r i c u l t u r e
 
自 然 の 野 に 作 る 米
お 田 植 え 会
 
◇日程
2024年 6月30日(日)
7月1日(月)
7月6日(土)
(1日のみでも、複数日でも可)
 
◇時間
10時〜16時
(各自のご都合に合わせます)
 
◇会場
KiKusaの田圃(三重県松阪市、伊勢自動車道・松阪インターより5分)
 
◇お裾分け
ご参加の方には、採れたての自然農のお野菜<NONONA 野の菜>をお持ち帰り頂きます
 
ご参加いただける方は、氏名・電話番号・車の台数・参加時間を明記してメールにてご予約ください
kikusa@mctv.ne.jp
 
古事記には、日本は「豊葦原の瑞穂の国」とされ、豊かな葦原のようにみずみずしい稲穂が実る美しい国。
梅雨で大地が潤う季節に田植えをする。
自然の理りに合わせた古来から続く米作り。
 
遠くの山を見ながら、時に空を見上げ、農仕事に手を動かす。
土に触れ植物を愛しむ、舞踏の様に繰り返す所作が心を無にしてくれる。
生命の営みを見て食べ物を作ることの感性を養う機会に。
 
「お田植え会」と称してKiKusaの自然農の田圃で、手で植える田植えをお手伝いしてもらう方を募ります
種から育てた6種の早苗を、KiKusaと共に植えてくださる方、直感が合った方、お待ちしております。
_
※ この企画は教室やワークショップではございません。田仕事をお手伝いしていただきます。
※会場や持ち物などの詳細は、ご予約時にお知らせさせていただきます。
 
◇10時スタート
◇小雨決行
◇お昼ご飯時や各自休憩有り
◇お昼を跨いでご参加の方はお弁当持参
 
◇KiKusaの田植えは泥田(水に浸かった田)ではございませんので、普通の長靴で入れる畑の様な田圃です
◇お知り合いでご参加頂く方はお車1台に乗合ください
◇早めに帰られる方はご予約時にお知らせください
◇ご連絡無しでの突然のご来場はご遠慮ください
 
_
 
 
 
 
水 無 月 祓 え  二 〇 二 四
願 ひ と 祓 え の 草 花 飾 り
 
ご予約受付 2024年5月19日(日)〜 6月9日(日)
KiKusa Websiteにて
 
御予約は終了しました
沢山のご予約をありがとうございました
 
六月の終わりに半年の穢れを祓い、無病息災を祈願する古来からの習わし
心と身体の罪穢や禍いを払い清め、開運招福を願い植物から力をいただく
 
 
_
 
 
K i K u s a  個 展
 
ミ ナ  ペ ル ホ ネ ン ( K y o t o )
2 0 2 4 年 1 1 月 2 日(土) 〜 2 4 日(日) 開 催 予 定
 
 
_ 
 
 
N O N O N A  2 0 2 4  S e a s o n
野の畑で育む自然農のお野菜の定期便
2024年7月〜2025年2月
 
野の菜のページを更新していますのでご覧ください
2024-2025シーズンは満席の為、第2次募集はございません
 
 
 
_
 
 
雑 誌 掲 載 の お 知 ら せ
nice things.  issue. 69 作ることで生きて行こう。TO MAKE IS TO LIVE.
↓ Click here ↓
 
 
_
 
 
P A S T   K i K u s a  -  2 0 2 3
 
 
K i K u s a  十 五 周 年 記 念 展 示
 
K i K u s a  特 別 展
T i m e  i s  S h i n i n g  E v e r y t h i n g
 時 の 草 は 全 て に 降 り 注 ぐ
会 場   |  く る み の 木  暮 ら し の 参 考 室 ミ ュ ー ジ ア ム 内  企 画 室  ( 三 重  )
日 時   |   2 0 2 3 . 1 0 . 2 8 s a t .  -  2 0 2 4 . 2 . 1 2 m o n .
 
ご来場いただき、ありがとうございました。
特設ページをご覧いただけます。
↓ Click here ↓
 
 
_
 
 
P A S T   K i K u s a  -  2 0 2 2
 
 
 
K i K u s a  個 展
 
み な 草 の ご と く さ き わ ひ あ れ
C o m m e   l ' h e r b e  d e s  c h a m p s
 
日 時   |   2 0 2 2 . 1 0 . 2 2 s a t .  -  1 1 . 6 s u n .
会 場   |  ミナ ペルホネン  e l a v a  I  ( t o k y o )
 
「さきわひ」とは「幸い」の意と「植物が花を咲かせ蔓根が伸びて栄える」の意がある。
 
特設ページをご覧いただけます
↓ Click here ↓
 
 
_
 
 
 
K i K u s a  展 示
 
あ め つ ち こ ぞ り て
L e  c i e l  e t  l a  t e r r e
 
日 時   |   2 0 2 2 . 4 . 2 9 f r i .  -  5 . 8 s u n .
会 場   |  r i z m の 森  森 の 音 楽 堂  (丹波篠山 )
 
森に捧げる齋庭。植物的霊性ART・仮想「木草神社」。
 
特設ページをご覧いただけます
↓ Click here ↓
 
 
_
 
 
P A S T   K i K u s a  -  2 0 2 1
 
 
K i K u s a  個 展
 
み え な い も の に ふ れ て い る
T o u c h e r  q u e l q u e  c h o s e  d ' i n v i s i b l e
 
草と詩文のInstallation  草のサークルから逃げ出した鳥と僕
 
展示内容をご覧いただけます 
↓ Click here ↓
 
 
 

2024/6/26 new ! :INSTAGRAM kikusa_botanique 更新

2024/6/25 new ! :INSTAGRAM kikusa_folklore 更新

2024/6/24 new ! :WEBSITE内  水無月祓え   更新

2024/2/29 new ! :WEBSITE内  KiKusa展 Time is Shining Everything   更新

2024/2/9 new ! :WEBSITE内  WEBSHOP _ 祈りの草花束   更新

2024/1/23 new ! :WEBSITE内  野の菜 - NONONA   更新
2023/5/19 new ! :WEBSITE内  自然農を営む暮らし   更新
  
 
 
 
 
 
 
 
 僕たちは山に登り、歌を歌い、旅に出る。そこに何があるというのだろうか。
 
 
 いつもとは違う、少し違う何か新しい景色が見たいから。
 
 
 
 この世界に独りで生まれてきたけれど、一人じゃ何かが足りない。
 
 
 「何かが欠けている」と、山のその向こうから声がする。
 
 
 
 僕らは何を夢見てるのか。
 
 
 草花から見える景色。まだ見ぬ美しい植物。探し求めているのは心のカケラ。
 
 
 
 誰も見ていない草原で今日もそれを探している。
 
 
 
 
  

 
 
 
P H O T O  M O V I E
img20200509133755880625.jpg img20200509133754825523.jpg img20200425222249634593.jpg img20200425222250058010.jpg img20200509133753855176.jpg img20200509133754840745.jpg img20200509133757267563.jpg img20200509133756806828.jpg img20200509133754887858.jpg img20200509133754806118.jpg img20200509133753037803.jpg img20200330200654035251.jpg img20200317204736923519.jpg img20200509185150296303.jpg img20200425152627164444.jpg img20200504084556083922.jpg img20200509133756354844.jpg img20200415220609809390.jpg img20200814174714750892.jpg img20200504105232797943.jpg img20211029153342983836.jpg img20211029165719646666.jpg img20200425222233659488.jpg img20200509133753048477.jpg img20200509133754952962.jpg img20200330200705478719.jpg img20200330200705208571.jpg img20200415220407246135.jpg img20200330200701126147.jpg img20200814174701972821.jpg img20211029165815893920.jpg img20211029165603347701.jpg img20201105215357351352.jpg
 
 
  
p h o t o g r a p h s  b y  f i l m
 
P H O T O   M O V I E が動かない場合は少し待ってください

 
 
 
 
 KiKusa
 Art de Botanique
 
 
 野の草花や山の木葉の自然な姿から植物のアートを探し求める
 
 
 
 主な作品
 
 
 TURUSU / 野に山に生きる草花や枝を象り、宙に浮く草束のオブジェ
 

 ROSETTE / 草の「弱さ」の姿を美しく形にした”光と花の紋様”の草壁飾り

 
 EN - 草環 / 手のひらに乗る野の草の環のオブジェ
 
 ANRHOS / 下向きに咲く花のように「女性」「お淑やかさ」「けなげさ」「儚さ」を象った”花の精”
 
TAPISSERIE / 草を編み繋げた縦糸と横糸が織物のような”草綴れ”
 
 君を想うときわたしは木を植える / 野に山に生きる木や草花を鉢植えや地植えにして森をつくるアート
 
 写真 / フィルムフォトグラフから紙に印刷したアートポスター
 
 
 
 
 
 
 木草
 Art de Folklore
 
 
 民俗的な植物伝承の縁起と美しさからつくる祈りの形
 
 
 
 主な作品
 
 
 水無月祓え / 祓えと願ひの草花飾り 半年の穢れや疫病を祓う六月の飾り
 
 正月を祭る / 日本各地の伝承を美しく掘り起こし、正月の神様を迎える祝いの飾り
 
 
 
 
 
 
KiKusa
Permanent Agriculture
 
野の菜 NONONA / 草や虫と共に生命の営む野の畑で、固定種の種・無農薬・無肥料・不耕起の自然農でつくる野菜
 
野の禾 NONO-INE / 春に苗代に種籾を蒔く、初夏に田植え、夏の草取り、秋の稲刈り、自然農の手仕事で身体の精を養う米づくり